*

ラッパーXXXTENTACIONが射殺されてからのファンの反応は?

   

6月18日に20歳という若さで他界した若手ラッパーXXXTENTACION(XXXテンタシオン)。今年3月にリリースしたセカンドアルバム『?』が全米アルバムチャート1位を獲得するほど人気を博していた為に、今回の事件は日本の多くのメディアでも大きく取り上げられている。

ラッパーXXXTENTACIONが銃撃され20歳という若さで死去、カニエ、Jコールらもメッセージを公開

そして彼が亡くなってからのファンの反応がもの凄いことになっている。なんと、彼の一番のヒット曲である「SAD!」がストリーミングサービスSpotify(スポティファイ)にて6月19日に1日の再生回数が1040万回を超える快挙を成し遂げた。これは昨年8月25日に記録したテイラー・スウィフトの「Look What You Made Me Do」の1010万回を打ち破る結果となり、現在のところテンタシオンが最高記録保持者となる。

実は彼が亡くなる一ヶ月前にはこのスポティファイにて、ヘイト的行為の規定に基づき、プレイリストが削除されていた。彼は妊娠中の元カノに対して暴力を振るったなど数多くの事件を起こしていた為だと思われる。しかし、一ヶ月にも満たないでスポティファイはこれを取り下げていた。

テンタシオンが亡くなった影響で彼のアルバムの売上が1603%増加したとの報告もある。また、アメリカのリリックサイト”Genius”ではトップ10に彼の曲が6曲もランクインしている。

この事件の翌日となる6月19日には彼の追悼イベントがロサンゼルスで行われたのだが、集まったファンは1000人にも及び、暴徒化する騒ぎとなってしまった。投稿されている映像ではファンが車の屋根に上がってジャンプしたり、警察に抵抗する姿が確認できる。

テンタシオンを射殺した犯人はSUVに乗った2人組だという噂もあったが、過去にも犯罪歴を持つ22歳の黒人男性を容疑者として逮捕したようだ。

銃社会アメリカ、現在でも銃乱射事件など多くの問題を抱えているが、今回の才能あるアーティストが亡くなってしまったことで少しでも銃問題について真剣に考えてもらいたい。そして二度とこのような悲しい出来事が起こらないよう祈りたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - News