*

ウィークエンドとゲサフェルスタインの新曲「Lost in the Fire」はどんな曲?

   

昨年末のジャパンツアーが記憶に新しいR&BシンガーThe Weeknd(ウィークエンド)と、フランスのプロデューサーGesaffelstein(ゲサフェルスタイン)とコラボした新曲「Lost in the Fire」がリリースされた!!!彼らは今回が初めてではなく、ウィークエンドが昨年リリースした6曲入りのEP『My Dear Melancholy』に収録されていた「I Was Never There」と「Hurt You」にて共演した仲である。

この曲で歌われているのは、復縁した彼女ベラ・ハディッドとの二人の関係についてだと思われる。

[Verse 1]
明るい中で君とゆっくりセックスしたい
君は僕が見てきた中で唯一の存在さ
セックスには価格なんてつけれない
服を脱いで、君と賭けをするんだ
僕は正当な形で赤ちゃんが欲しい
だって僕は隠したりしないから

[Pre-Chorus]
僕達は火の中で多くのものを失った
一年を通してわかったんだ

[Chorus]
君を失うことなんてできない
君を失うことなんてできない

[Verse 2]
家に一人でいるのは疲れた
毎日、違う女といたけど
でも、君にここにいて欲しいんだ
君は女の子に夢中だって言うけど
段階を踏んでいるって言うけど
心を安らかにするんだ
君の友達を連れてきたっていい
女友達は君の顔の上にまたがる
その間、僕は君をファックするんだ

[Pre-Chorus]
僕達は火の中で多くのものを失った
一年を通してわかったんだ

[Chorus]
君を失うことなんてできない
君を失うことなんてできない

そして、この曲のリリックの中に、ドレイクに対してディスしているのではないかとファンの間で噂されている。

僕は正当な理由の赤ちゃんが欲しい
だって僕は隠したりしないから

これは、昨年のドレイクとプシャTとのビーフにて明らかになった“ドレイクの隠し子”騒動について述べているのではないかと思われる。

プシャ・Tがドレイクに対して反撃、”The Story of Adidon”を公開

ウィークエンドとドレイクは、2017年頃にビーフがあった。原因はウィークエンドがベラと別れていた時に、彼女はドレイクと噂があったからだ。真相はいかに!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2019年 R&B, Hot New Single ,