*

ヴィック・メンサの新曲”Wings”はファレルとコラボ!

   

期待の次世代アーティストVic Mensa(ヴィック・メンサ)の新曲「Wings」は、「Happy」以降のポップ路線が好調なPharrell Williams(ファレル・ウィリアムズ)と、ニューヨーク出身でラッパーの他に詩人としての顔も持つアーティストSaul Williams(ソール・ウィリアムズ)らとコラボしたブッとんだ一曲!!!

シカゴ出身のヴィック・メンサは、ヒップホップ集団“Savemoney”の創立者の一人であり、メンバーにはあのChnace the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)も在籍している。今までにJ. Cole(Jコール)やWale(ワーレイ)らのツアーに同行したり、Danny Brown(ダニー・ブラウン)とヨーロッパ・ツアーをしたりと数多くの場数を踏んできた。2014年にはアメリカのXXL紙が毎年恒例で行っている新人発掘イベント”Freshman Class”にて見事選出された他、現在はJay-Z(ジェイZ)のレーベル”Roc Nation”と契約をしている。リリースした作品としては2つのミックステープとEP『There’s Alot Going On』をリリースしている。他にもKanye West(カニエ・ウェスト)と共演した「U Mad」を2015年にリリースしており、この曲はヴィック・メンサの代表曲ともなった。更には2016年にはカニエ・ウェストのアルバム『Life of Pablo』に収録された「Wolves」にSia(シーア)と参加した事が話題となった。

そんなこれからが期待されたヴィック・メンサの待望のデビューアルバム『The Autobiography』は7月28日リリースされる予定であり、今回の新曲「Wings」も収録される予定である。この曲はファレルがプロデュースしているだけあって、途中で切り替わる疾走感のあるビーツにセンスの良いメロディアスなトラックが良い。そして彼らの詩的なリリックがハマってドープなグルーブを生み出しています。

ヴィック・メンサはアルバム収録曲としてPusha T(プシャT)とコラボした「OMG」のミュージックビデオも公開しており、こちらも必聴である。

ヴィック・メンサの事をジェイZは“彼は凄い才能を持ったアーティストだよ。彼は何でも出来るんだ。ラップは勿論、歌う事も出来る、更にはエンジニア作業もこなす事が出来るんだ。本当に信じられない奴だよ。”との事だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2017年 Hip Hop, Hot New Single , ,