*

TLCがラストアルバムのアートワーク、トラックリストを公開

   

「Baby Baby Baby」や「Creep」、「No Scrubs」といったヒット曲を90年代を中心にリリースしてきたガールズ・グループTLCが今年6月30日にリリース予定をしているラスト・アルバムアルバム・アートワークトラックリストを公開した!

TLC(Tender Loving Care)とは・・・T-Boz(Tボズ)Left Eye(レフト・アイ)Chilli(チリ)というそれぞれが全く異なった個性を持つ3人組グループであるTLCは、Babyface(ベイビーフェイス)が設立したレーベル“Laface”から1992年にデビューアルバム『Ooooooohhh… on the TLC Tip』をリリース。このアルバムが全米で500万枚を売り上げる事となり輝かしいデビューを遂げる事となる。続く1994年にリリースしたアルバム『CrazySexyCool』は、全米1000万枚以上を売り上げるスーパーヒットとなった。同アルバムからシングルカットされた「Creep」、「Red Light Special」、「Waterfalls」は全てR&Bクラシックとして今もなお聴き続けられる名曲である。1999年にはサード・アルバム『FanMail』をリリース、こちらも1000万枚以上を売り上げ、ファーストカット「No Scrubs」はその年の世界中のクラブで最も流れた曲となった。楽曲だけではなく、3人それぞれのプライベートでも様々な人生模様があり、TボズはラッパーのMack 10(マック10)と結婚、レフトアイはフットボールプレイヤーの豪邸を放火したり、Sean Newman(ショーン・ニューマン)との結婚も噂されたが破局、チリはUsher(アッシャー)との交際が有名であった(2004年には破局)。

そして、4枚目のアルバムを製作中の2002年にレフトアイは不慮の事故により他界してしまう。同年、残されたTボズとチリによってアルバム『3D』をリリースした。その後の活動はレフトアイの死とTボズの病気によりほぼ休止状態となっていた。2010年には二人が来日公演をしており、グループは徐々に活動を再開。2015年にはクラウドファンディングでアルバム制作資金を募り、これにはKaty Perry(ケイティ・ペリー)やJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)らが名乗り出てわずか一週間で目標額を達成する事となる。しかし、そこからアルバムのリリースは一向にされず、支援したファンの間では不満が爆発し大問題となった。それは制作に妥協を許さない二人の結果によるものだと釈明している。

昨年10月の来日公演の際には新曲「Haters」「Joy Ride」日本独占リリースをしており、今回発表されたアルバムのトラックリストを見ると2曲共に収録されるようだ。今年4月には同世代ラッパーのSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)がフューチャリングした新曲「Way Back」を発表し、レイドバックしたトラックに変わらぬ彼女らの歌声が心地よい一曲となっている。

前作『3D』から約15年ぶりとなるラストアルバム(アルバムタイトルは未定)はいよいよ6月30日と迫ってきた。90年代の彼女らの全盛期を知るファンも、TLCを初めて聴く人も、全音楽ファンは注目したいアルバムである。

トラックリスト
1. No Introduction
2. Way Back feat. Snoop Dogg
3. It’s Sunny
4. Haters
5. Perfect Girls
6. Interlude
7. Start a Fire
8. American Gold
9. Scandalous
10. Aye Muthafucka
11. Joy Ride
12. Way Back [Extended Version] feat. Snoop Dogg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2017年 R&B, News