*

ジェイムス・ブラウンのバックバンドThe J.B.’s(ザ・ジェイビーズ)による名盤『Doing It to Death』

      2016/09/11

ドゥイング・イット・トゥ・デス

あのファンクの帝王James Brown(ジェイムス・ブラウン)のバックバンドThe J.B.’s(ザ・ジェイビーズ)が1973年にリリースした大ヒットアルバム「Doing It to Death」。

アルバム収録曲はJames Brownほど強烈な作品ではなく、ファンクとジャズを取り入れスムージーな曲に仕上がっていて聴きやすい。中でもアルバムタイトルとなっているシングル曲「Doing It to Death」は当時100万枚を売り上げたスーパーヒット作となった。

彼らの作品はHip HopシーンでもJames Brownと並んでサンプリングソースとして人気であり、「More Peas」の後半残り1分ほどの箇所はShowbiz & A.G.(ショービズ&エージー)の「Soul Clap」やCypress Hill(サイプレス・ヒル)の「The Phuncky Feel One」、The Game(ザ・ゲーム)の「Don’t Trip」など多くのヒット曲で使用されている。

他にも収録曲である「You Can Have Watergate」は、Zigge(ジギー)の「Toss It Up」やSpecial ED(スペシャル・エド)の「The Mission」などでサンプリングネタとして使われている。

グループとしての活動は1970年代のみと短いが、彼らが残した作品は全て駄作無しの良質な曲ばかりなので他の曲も是非聴いてみて欲しい。

 「More Peas」をサンプリングした曲 Showbiz & A.G.(ショービズ&エージー)の「Soul Clap」

 

 「You Can Have Watergate」をサンプリングした曲 Special ED(スペシャル・エド)の「The Mission」

 

Tracklist
1. Introduction To The J.B.’s
2. Doing It To Death (Pts. 1 & 2)
3. You Can Have Watergate Just Gimme Some Bucks And I’ll Be Straight (Snippet #1)
4. More Peas
5. La Di Da La Di Day
6. You Can Have Watergate Just Gimme Some Bucks And I’ll Be Straight (Snippet #2)
7. Sucker
8. You Can Have Watergate Just Gimme Some Bucks And l’ll Be Straight

 - Soul/Funk/Jazz , ,