*

タリブ・クウェリは”Get By”のビートをカニエからタダで頂いた!?

   

Quality

現在、Kanye West(カニエ・ウェスト)が先日リリースしたゴスペル・アルバム『Jesus Is King』が話題沸騰中なので、今回はカニエ・ウェストが過去にプロデュースした作品を記事にしたいと思う。

カニエ・ウェストがデビューアルバム『The College Dropout』をリリースしたのが2004年。それより前の2002年にTalib Kweli(タリブ・クウェリ)がアルバム『Quality』をリリースしている。このアルバムは彼にとって自身最大のヒットアルバムとなり、ビルボード200では最高で21位を記録した。さらにこのアルバムの中に収録された「Get By」もヒットし、当時クラブやラジオでは毎日のようにヘビーローテションされていた。この「Get By」は、有名になる前のカニエ・ウェストによるプロデュース作品だということは知られており、ゴスペル調のコーラスなどは現在の彼の作品と共通するものがある。そして実は、タリブ・クウェリはこの曲のビートをカニエからタダで頂いたということを伝えている。

これはBeats 1でエブロとDJプレミアのトークで明らかになったものだ。二人の話題は、プレミアとコモン、タリブ・クウェリとツアーをしていた頃のもの。当時プレミアはタリブ・クウェリに“どうしてカニエ・ウェストをツアーに参加させるんだ?”と質問したところ、タリブ・クウェリは“だって奴は俺の初めてのヒット曲をくれた人物だ。しかもこの「Get By」のビートについて、まったく金を請求してこなかったんだぜ”と答えたそうだ。

この「Get By」のビートは当初マライヤ・キャリーやファラオ・モンチに使用してもらう予定だったらしい。しかしタリブ・クウェリがこのビートに惚れ込んでしまい、両者が使わないのであれば、自分が使いたいと訴えていたというのも過去に明らかになっている。

彼らのこの「Get By」は17年経過した今でもクラシック。久しぶりに聴いてみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2000年代 Hip Hop ,