*

Roy Ayers(ロイ・エアーズ) / Everybody Loves the Sunshine

   

Everybody Loves the Sunshine

5歳の時に、プロのジャズミュージシャンでありヴィブラフォンの第一人者でもあるLionel Hampton(ライオネル・ハンプトン)にマレットをプレゼントされたのをきっかけに、プロのヴィブラフォン奏者になる事を決意した経歴を持つRoy Ayers(ロイ・エアーズ)。

1973年の映画『Coffy』のサントラを手掛けた事はあまりにも有名だが、彼のソウルやファンク、ジャズが融合した独自のスタイルは、現在のダンスミュージックシーン、Hip HopやR&Bシーンなどに多大なる影響を与えている。

そして、1976年にリリースしたこのアルバムにはMary J Blige(メアリー・ジェイ・ブライジ)などにカバーされたりしている彼の代表曲「Everybody Loves the Sunshine」を収録。

いつ聞いても最高なサウンドであり、彼へのリスペクトを含めて、是非このアルバムは一家に一枚所有して欲しいと思う。

Tracklist
1. Hey, Uh, What You Say Come On
2. The Golden Rod
3. Keep On Walking
4. You And Me My Love
5. The Third Eye
6. It Ain’t Your Sign It’s Your Mind
7. People And The World
8. Everybody Loves The Sunshine
9. Tongue Power
10. Lonesome Cowboy

 - Soul/Funk/Jazz ,