*

スポンサーリンク

リタ・オラの新曲”Girls”についてケラーニが苦言(歌詞和訳有り)

      2018/06/08

なんだか凄い曲がリリースされちゃいました。。

Rita Ora(リタ・オラ)がリリースした新曲「Girls」は、Bebe Rexha(ビービー・レクサ)Charli XCX(チャーリーXCX)、そして現在大人気のラッパーCardi B(カーディB)というガールズ・パワー全開のコラボ曲。

そしてこの曲で歌われている内容はバイ・セクシャルについて、つまり両性愛者だ。リリックの内容は以下の通り。

※個人的解釈にて和訳しておりますので、誤った内容を含んでいる場合があります。あくまで参考程度にして下さい。

[Verse 1: Rita Ora]
Her name is Lara, we learned a lot, ah
How to do it, like we do it like we wanna
We just know
We just know
I ain’t one-sided, I’m open-minded
I’m fifty-fifty and I’m never gonna hide it
You should know, eh
You should know, ay
彼女の名前はララ、私達は沢山学んだわ
自分たちがやりたいようにどうするかを
私達は知っちゃったの
私達は知っちゃったの
私は両性愛者、偏見はないの
私は50/50、隠すことなんてしないわ
知ってちょうだい
知ってちょうだい

[Pre-Chorus: Charli XCX]
All summer, we’ve been in the ‘bu
’68 Chevy with nothin’ to do
Just rollin’ J’s, kush lovin’
And last night, yeah, we got with the dude
I saw him, he was lookin’ at you
So I said hey, kush lovin’
夏の間はマリブで過ごしたの
68年製のインパラだけで
大好きな草を吸ったりね
昨晩は男といたわ
彼を見た時、彼はあなたを見ていたわ
だから声を掛けたの

[Chorus: Rita Ora & Charli XCX]
Sometimes, I just wanna kiss girls, girls, girls
Red wine, I just wanna kiss girls, girls, girls
Sometimes, I just wanna kiss girls, girls, girls
Red wine, I just wanna kiss girls, girls, girls
Girls, girls, girls, girls, girls
時々、女の子とキスをしたくなるの
赤いワイン、女の子とキスをしたくなるの
時々、女の子とキスをしたくなるの
赤いワイン、女の子とキスをしたくなるの
ガールズ、ガールズ

[Verse 2: Bebe Rexha & Charli XCX]
You know I tamed it, and then I named it
I put the lion in the cage and then I laid with her
All night (all night)
Her all night, yeah
I’m the hunter and she the prey, yeah
I’m the thriller, I’m the killer
I’m the saviour, up all night
We up all night, yeah
(Do it one more time)
私はてなずけて、名前もつけてあげたの
檻の中にライオンを飼って、一緒に寝たりしたわ
一晩中
一晩中ね
私はハンターで彼女は獲物
私はスリラーで彼女は殺し屋
私はサバイバー、夜明けまで
一晩中よ
(もう一度お願い)

[Pre-Chorus: Rita Ora with Bebe Rexha]
All summer, we’ve been in the ‘bu
’68 Chevy with nothin’ to do
Just rollin’ J’s, kush lovin’
夏の間はマリブで過ごしたの
68年製のインパラだけで
大好きな草を吸ったりね

[Chorus: Bebe Rexha, Rita Ora & Charli XCX]
Sometimes, I just wanna kiss girls, girls, girls
Red wine, I just wanna kiss girls, girls, girls (yeah yeah, yeah yeah)
Sometimes, I just wanna kiss girls, girls, girls (you know that I do)
Red wine, I just wanna kiss girls, girls, girls
Girls, girls, girls, girls, girls
時々、女の子とキスをしたくなるの
赤いワイン、女の子とキスをしたくなるの
時々、女の子とキスをしたくなるの
赤いワイン、女の子とキスをしたくなるの
ガールズ、ガールズ

[Bridge: Charli XCX & Rita Ora; Both]
She gettin’ down with me, yeah-ah
She gettin’ down with me, yeah-ah
She gettin’ down with me, yeah-ah
Oh, we can go up
She gettin’ down with me, yeah-ah
She gettin’ down with me, yeah-ah
She gettin’ down with me, yeah-ah
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ
私達は楽しめるわ
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ

[Verse 3: Cardi B]
Rita
Look, Cardi
Now I could be your lipstick just for one night (one night)
Girls just wanna have fun and have their funds right (yeah)
I mean, say my name, say my name, say my name (say my name)
It tastes good just rolling off your tongue, right? (hurrr)
I put this MAC on your lips, so pucker up (mwah)
We ain’t never heard of you ‘cause you ain’t done enough (no)
And I don’t gotta introduce myself (Cardi)
I’m too sexy, I seduce myself (Bardi)
Seven-figure, never need a nigga (nope)
I steal your bitch, have her down with the scissor
Tonight, I don’t want a dog, I want a kitten (Eoooaaawww)
I might French a girl from Great Britain
リタ
見て、カーディよ
今夜は私があなたのリップスティックになってあげる
楽しむの、お金もちゃんと準備してね
私の名前を呼んで、私の名前を呼んで、私の名前を呼んで、
あなたの舌使いは最高でしょ?
あなたの唇にリップしてあげる、だからすぼめて
あなたから”もう十分”なんて言葉を一度も聞いたことがないわ
自分の事を紹介する必要なんてないの
私はセクシー過ぎるの、自分自身だって誘惑しちゃうわ
100万ドル、男どもは必要ないの
あんたの女を奪って、一緒にスルのよ
今夜、魅力の無い男なんていらない
欲しいのは子猫ちゃんよ
イギリスの女の子とフレンチキスするの

[Chorus: Rita Ora, Bebe Rexha, Charli XCX & Cardi B]
Sometimes, I just wanna kiss girls, girls, girls (oh yeah)
Red wine, I just wanna kiss girls, girls, girls
Sometimes, I just wanna kiss girls, girls, girls (oh yeah)
Red wine, I just wanna kiss girls, girls, girls
Girls, girls, girls, girls, girls
時々、女の子とキスをしたくなるの
赤いワイン、女の子とキスをしたくなるの
時々、女の子とキスをしたくなるの
赤いワイン、女の子とキスをしたくなるの
ガールズ、ガールズ

[Outro: Rita Ora, Bebe Rexha, Charli XCX & Cardi B]
She gettin’ down with me, yeah-ah
She gettin’ down with me, yeah-ah
She gettin’ down with me, yeah-ah (yeah)
She likes, she likes (aha)
She gettin’ down with me, yeah-ah (yeah)
She gettin’ down with me, yeah-ah (ah-ha)
She gettin’ down with me, yeah-ah
Girls, girls, girls, girls, girls
Hehehehe-aha (hahahahaaa)
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ
私達は楽しめるわ
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ
彼女は私と楽しむのよ

と、現在の日本では到底考えられない内容の歌詞をリリースしているのだが、これについてリタ・オラは、“本当の自分を隠さずさらけ出す強い女性”へ向けた曲だそうだ。

しかし、この曲のリリース後、R&BシンガーのKehlani(ケラーニ)は自身のSNS上にて以下通り公開している。

“みんなの曲は素晴らしくて、私をサポートしてくれたりする。でも今回は才能とかの問題じゃなくて選択”

“私はアーティストの一人と素晴らしい曲を共演していて、他の3人とも仕事をするのは大好きなの。彼女らをリスペクトしている。 でもこの歌詞は有害だわ、愛をみんなに。”

と、伝えている。ケラーニは以前にも自身が両性愛者だということを公の場で伝えている他に、昨年には「Honey」という曲でもそのことについて触れている。

今回のこの曲については他のアーティストやファンからも賛否両論のようであり、まだまだ波紋は続きそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2018年 R&B, Hot New Single , , ,