*

ラッパーUncle Murdaが2019年を過激に総括した”Rap Up 2019″を発表

   

古くはFabolous(ファボラス)のヒット曲「Brooklyn」に参加していたブルックリン出身のラッパーUncle Murda(アンクル・マーダ)が、2019年を総括した「Rap Up 2019」を公開した!!!

この”Rap Up”シリーズは、Skills(スキルズ)がその年にあった出来事を総括していた恒例行事であった。しかし、最近ではアンクルマーダーもリリースしており、どちらが優れているのか?と話題になっていた。今回発表されたこのこの曲はなんと10分にも及ぶ大作だ。

内容は、“Kミシェルは男と長続きしないな、なぜならあいつのアソコは臭いからさ、彼女は可愛くって歌も上手さ、でもアソコが臭いんだ”
“シックスナインは、自分の仲間を売ったんだ、奴のベイビーママは仲間達にやられちゃうだろうな。ニプシー・ハッスルが生きて、奴が仲間たちに殺されれば良かったんだ。ニプシーハッスルはマルコムXとトゥパックが組み合わさったような奴だった”“Rケリーはゲイにレイプされればいいんだ”“ドレイクはゲイの観客からステージ上でブーイングされた、その観客はタイラー・ザ・クリエイターのファンさ”“カニエは神を宣伝する理由は、奴がアルバムをリリースするからさ。奴は全て金のために動いている。なぜならJesus Walkだって書いていないんだぜ”“田舎のニ○ーナズXが出てきたけど驚いちゃいないぜ、奴は女々しく見えるな”と、総括しているというよりは、ディスりまくった内容だ。さすがに言われた方は黙っちゃいないだろう。新年早々、波乱の年明けか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2020年 Hip Hop