*

シカゴ出身の若手ラッパーPolo G(ポロG)に注目!

   

今回はシングル曲「Pop Out」が、大大大ヒット中の話題のラッパーPolo G(ポロG)に注目してみたいと思う。

“Pop Out”とはスラングでどういう意味?

ポロGは、イリノイ州シカゴ出身で1999年1月6日生まれの現在20歳の若手ラッパー。彼には両親と他に3人の兄弟がいるようだ。私生活は悪さばかりをしてきたらしいのだが、音楽がその世界から脱出するキッカケとなったようだ。ポロGは、2017年頃からYoutubeやSoundCloudに自身の曲を公開し始めたようだ。じわりじわりとフォローを増やしていき、翌年には「Never Cared」や「The Come Up」などで人気を集めた。

そして同年、彼の知名度を一気に上げたのが「Finer Things」だ。彼が刑務所にいた時に思いついたというこの曲は、Youtubeで現在5000万回を超える再生回数となっている。

このヒットに大手レーベルも黙っておらず、2018年にコロンビア・レコードと契約することになる。その後、2019年1月にリリースしたLil Tjay(リル・ティジェイ)とのコラボ曲「Pop Out」が数ヶ月かけて大ヒット、現在は全米シングルチャートにて27位を記録、Youtube再生回数はなんと7300万回を超える。

そんな人気絶頂の中、14曲を収録したデビューアルバム『Die A Legend』をリリースした。アルバムの最後の曲には、リル・ベイビーとガンナがフューチャリングした「Pop Out Again」も収録されているので注目されている。

カニエ・ウェストやコモン、チーフ・キーフらを生んだシカゴだが、ここ最近ではリル・ダークのようにメロディアスなラップをするスタイルが主流だと言う。その若手代表とも言えるラッパーPolo G(ポロG)にこれからも注目して欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2019年 Hip Hop, News, Pick Up