*

新人ラッパー21 Savage(21サヴェージ)が全米で大注目されている!

   

21-savage

Anderson paak(アンダーソン・パーク)や、Desiigner(デザイナー)、Lil Yachty(リル・ヨッティ)らと共に、期待の新人アーティストとして2016年の“XXL Freshmen Class”に選出されたラッパー21 Savage(21サヴェージ)が今、全米で大注目を浴びている。

アトランタ出身の21サヴェージは1992年生まれの現在24歳、2014年にデビュー・シングル「Picky」がヒットし、その名をシーンに広める事となる。翌年にはミックステープ『The Slaughter Tape』をリリース、その僅か数ヶ月後にはミックステープ『Slaughter King』をリリースしている。

今年7月にリリースした同郷のプロデューサーMetro Boomin(メトロ・ブーミン)と共同制作した9曲を収録したEPである『Savage Mode』は、ビルボード200にて現在28位を獲得、収録曲である同じアトランタ出身の人気ラッパーFuture(フューチャー)とコラボした「X」はビルボード100にて現在37位を獲得している。また公開されたミュージックビデオ「No Heart」では、90年代のブラック・ムービー“Menace 2 Society”でのコンビニ店員を銃殺するワンシーンを真似た映像がありこちらも必見。

更にはDrake(ドレイク)がつい先日リリースしたシングル曲「Sneakin’」に参加しこちらも大ヒット中である。

派手さはないものの、ドレイクやフューチャーなどが好きなリスナーにはドツボなアーティストではないだろうか!?今後の動向に注目していきたい、要チェック!!!

 - 2016年Hip Hop, Pick Up ,