*

ファンク界のディーバLyn Collins(リン・コリンズ)によるベスト・アルバム『Mama Feelgood: The Best of』

   

Mama Feelgood: The Best of

あのJames Brown(ジェームス・ブラウン)がプロデュースしたファンク界のディーバLyn Collins(リン・コリンズ)による代表的な曲ばかりを集めたベスト・アルバム『Mama Feelgood: The Best of』

元々は、Charles Pike and the Scholars(チャールズ・パイク&ザ・スカラーズ)というバンドに所属していたが、縁あってジェームス・ブラウンと知り合うキッカケを掴み、JBのツアーに参加する事となる。その後、ソロとしてデビューを果たし、「Think」や「Put It On The Line」、「We Want To Parrty, Parrty, Parrty」などの名曲を世に残している。

また、彼女の曲の多くはサンプリング・ソースとしても使用されており、代表的な「Think」については、Rob Base 6 DJ E-Z Rockの「It Takes Two」を代表に、Hip Hop、R&B、エレクトロ・ミュージックなど数えきれないほどのアーティストに使用されまくっており、あまりにも有名である。きっと、このアルバムを聞けば、あっ!と曲のクレジットを見直してしまう事が何度もあるだろう。

惜しくも2005年に享年56歳でこの世を去ったが、彼女の残した楽曲は、これからも聴き続けられ、そしてサンプリングされ、今後もシーンに影響を与え続けるに違いない。

Tracklist
1. Think (About It)
2. Mama Feelgood (Soundtrack – Black Caesar)
3. Baby Don’t Do It
4. Don’t Make Me Over
5. Wheel Of Life
6. I’ll Never Let You Break My Heart Again
7. Rock Me Again & Again & Again & Again & Again & Again
8. Backstabbers
9. Things Got To Get Better
10. We Want To Parrty, Parrty, Parrty, Part 1 & 2
11. Take Me Just As I Am
12. Do Your Thing
13. You Can’t Love Me If You Don’t Respect Me
14. Me And My Baby Got A Good Thing Goin’
15. Put It On The Line
16. Ain’t No Sunshine
17. Give It Up Or Turnit A Loose
18. How Long Can I Keep It Up
19. Never Gonna Give You Up
20. What My Baby Needs Now Is A Little More Lovin’

 - Soul/Funk/Jazz ,