*

カニエ・ウェストの「Jesus Walks」などで使用されているドラムブレイクネタを収録!ルー・ドナルドソンによるアルバム『Mr Shing a Ling』

   

Mr Shing-A-Ling

あのArt Blakey Quintet(アート・ブレイキー・クインテット)のメンバーとして所属していたアメリカのジャズ・サックス奏者であるLou Donaldson(ルー・ドナルドソン)が、ブルーノート・レコードから1967年にリリースした自身の27作目のアルバム『Mr Shing a Ling』

ルー・ドナルドソンはジャズの中でも比較的SoulやR&Bよりの作品が多く、1950年代から現在に至るまで約50作品近くもの作品をリリースし続ける現役のアーティストである。そして、このアルバムの一曲目に収録されている「Ode To Billie Joe」はHip HopやR&Bシーンでは超定番のドラムブレイクネタとしても有名である。このドラムブレイクを使用している曲は100を超え、代表的な例を上げると、Kanye West(カニエ・ウェスト)の「Jesus Walks」、Drake(ドレイク)の「5 AM in Tronto」、Jeru the Damaja(ジェルー・ザ・ダマジャ)の「You Can’t Stop the Prophet」、Mary J Blige(メアリー・ジェイ・ブライジ)の「You Don’t Have to Worry Remix」などである。

この「Ode To Billie Joe」だけでも買いの一枚なのだが、他にアルバムに収録されている曲もグルーブ感たっぷりのソウル・ジャズなので、ジャズ初心者にも聴きやすい作品なのではないだろうか。

Tracklist
1. Ode To Billie Joe
2. The Humpback
3. The Shadow of Your Smile
4. Peepin’
5. The Kid

 - Soul/Funk/Jazz ,