*

ラッパーLogic(ロジック)が新曲「Keanu Reeves」をリリース

   

昨年9月に90年代に触発されたアルバム『YSIV』をリリース、また自身最大のヒット曲である自殺撲滅ソング「1-800-273-8255」でお馴染みのラッパーLogic(ロジック)が新曲「Keanu Reeves」をリリースした!!!このタイトル名は俳優のキアヌ・リーブスのことを指す。

フックでは以下のようにラップしている

俺はたった一人、唯一の存在、キアヌ・リーブスみたいに
もう終わらせた、俺が終わらせたんだ
もう葉っぱには血は流れない
俺らを吊るして残していかないんだ
信じていい
これはマジでヤバイ
ボビーは悲しむ暇なく殺ってしまうんだ

ここで”もう葉っぱには血が流れない=no blood on the leaves”というリリックがあるのだが、これはビリー・ホリデイの名曲「Strange Fruit」の内容を意味している。このビリー・ホリデイの曲では南部の黒人がリンチにあって、その死体を木に吊るされた姿が”Strange Fruit=奇妙な果実”という意味で歌われたものだ。この曲も合わせてチェックして欲しい。

ロジックは80曲以上の未発表曲があるそうなので、今後も注目したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2019年 Hip Hop, Hot New Single