*

リル・ウージー・ヴァート、新天地ジェイZのレーベルから待望の新曲”Free Uzi”をリリース

   

ラッパーのLil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)が新曲「Free Uzi」をリリースした!これは昨年の「New Patek」以来となる彼のニューシット。しかし、今回は前作とは違う状況下での発表となる。

リル・ウージーは、前作まではDJドラマとドン・キャノンのレーベル“Generation Now”に所属していた。2017年のデビュー・アルバム「Luv Is Rage 2」は全米アルバム・チャートにて見事1位を記録するなど、全ては上手く行っていたように見えていた。しかし、彼は昨年辺りからレーベルに不満があるようなツイートをしていた。そして今年に入り、期待されていたセカンド・アルバム『Eternal Atake』をリリースしないまま、リル・ウージーはまさかの引退宣言を行い、ファンやシーンを驚かせた。

リル・ウージーは今回の新曲「Free Uzi」をリリースしたかったようだが、”Generation Now”では認めなかったようだ。そして彼はストリーミングサービスへ仲介してくれるサービスDISTROKIDを通じて強行配信したようだ。新曲はアップル・ミュージックやスポティファイなど様々なサービスで聴けるようになったのも束の間、すぐに聴けなくなったようだ。おそらくこれは旧レーベル側の処置だと思われる。

そして、彼を救ったのはJay-Z(ジェイZ)のレーベル“Roc Nation”である。彼は正式に契約をしたと思われ、レーベルのアーティスト名簿にも登録されている。

結果として、今回の新曲「Free Uzi」はジェイZがオーナーを務めるストリーミングサービス”Tidal”、”SoundCloud”、”Youtube”などで楽しむことが出来る。

余談だが、DJ L Beatsがプロデュースするこの新曲のトラックは、元々はG Herboの「Gangway」で使われていたものだ。要チェック!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2019年 Hip Hop, Hot New Single , ,