*

ラッパーLil Peep(リル・ピープ)が21歳という若さで死去

   

ロックとヒップホップを融合させたスタイルで常に注目を浴びてきたラッパーLil Peep(リル・ピープ)が現地時間11月15日に21歳という若さで死去した。彼はツアーバスの中で、同行していた仲間に無反応な状態である事を発見された。死因はオーバードーズ(薬物過剰摂取)ではないかと言われている。

リル・ピープはSoundCloudを中心に話題となったアーティストであり、その独特なスタイルはヒップホップ界のKurt Cobain(カート・コーバン)とも言われた。リリックの内容はドラッグやうつ病、自殺などについてが多かった。2015年に2作、翌年に2作と合計4作品のミックステープを発表。

今年8月にはデビューアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt. 1』をリリースしている

彼の死について、First Access EntertainmentのCEOであるサラ・ステインネットは
“リル・ピープについて本当にショックだ。死のうとしていたなんて信じられない。これは悲劇的な話なんだ。彼は将来について大きな野望を考えていた。彼は知的で独創的だった。”と伝えている。

また、彼の死について多くのアーティストらがコメントを述べている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - News