*

ローリンヒル、自身のライブでドレイクの”Nice For What”のリミックスを披露

   

現在、全米シングルチャートにて見事1位を獲得しているのは曲と言えばDrake(ドレイク)の新曲「Nice For What」だが、この曲でサンプリングされているのはLauryn Hill(ローリン・ヒル)が1998年にリリースしたクラシック曲「Ex-Factor」というのもヒットの要素となっている。

ドレイクの新曲”Nice For What”はローリンヒルの”Ex-Factor”をサンプリング

そしてなんと今回、ローリン・ヒルが5月1日に行ったアポロシアターでの自身のライブにてこのドレイクの「Nice For What」のリミックスを披露したのだ。ライブ中、「Ex-Factor」を歌いきった後、ドレイクの曲へとビートチェンジし彼女はラップを披露している。その模様が現在はYoutube上で公開されているので削除される前に是非チェックを。

ローリン・ヒルは、アルバム『Miseducation』がリリースされてから今年で20周年ということで、5月5日から10月まで”20th anniversary tour”を回る予定だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2018年 Hip Hop ,