*

ケラーニがセカンドアルバム” It Was Good Until It Wasn’t”をリリース

   

全身タトゥでお馴染みの人気R&BシンガーKehlani(ケラーニ)が、セカンドアルバム『It Was Good Until It Wasn’t』をリリースした!!!ケラーニは、これまでに2017年1月にデビュー・アルバム『SweetSexySavage』、2019年2月にミックステープ『While We Wait』を発表しており、今作はこれらに続くものだ。

15曲を収録した今作は、トーリー・レインズジェネイ・アイコジェームス・ブレイクマセーゴラッキー・ダイエらが参加。既に「Toxic」と「Everybody Business」のミュージックビデオを公開しているが、後者の曲はロックダウンによって行動が制限された為、ケラーニ自信が撮影と編集をしている。また、トーリー・レインズとの共演曲「Can I」は、アリーヤの名曲「Come Over」をサンプリングしていることでも、現在話題になっている。

アルバム・カバーは“善と悪”を表現しているとのことだ。“太陽は輝き、空は青い、でも何かが気になっている、隣の芝生は青い?って疑問に思うの、良かったことはそうじゃなくなるまで良いの、でもそれらって本当に良かったものだった?”と伝えている。これについては、バック・カバーとセットで見るとわかりやすいのかもしれない。ちなみにアルバムのタイトルは、ドレイクとの会話の中で生まれたものだとも伝えている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2020年 R&B