*

Joey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)が新曲3曲を収録した”The Light Pack”をリリース

   

Hip Hopの黄金期90年代に大きく影響を受けたスタイルが人気のラッパーJoey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)が、久しぶりとなる新曲を3曲同時にリリースした!!!

『The Light Pack』としてリリースしたのは、ミュージックビデオが公開された「The Light」、ラッパーPusha T(プシャT)とのコラボ曲「No Explanation」、ロイ・エアーズの「Everybody Loves The Sunshine」をサンプリングした「Shine」の3曲。

1曲目に収録されている「The Light」にリリックの中には、“Mumble Rap(マンブルラップ)の絶滅”についてラップしている部分がある。

Now world domination ‘bout the termination
This is mumble rap extermination
This is Godly interpolation
This is that “Who your top five?” conversation
Type of rap that f-ck a Grammy nomination’
今、世界の支配は終焉を迎えている
これはマンブルラップの絶滅を意味する
これは神聖な変更
これは”君のトップ5は誰?”という会話
グラミーにノミネートするようなラップのことさ

マンブルラップとは、ここ数年に若者を中人に人気を博しているリル・パンプやリル・ヨッティ、リル・ウージー・ヴァート、フューチャーらのラップスタイルを指す。“マンブル=つぶやく”の意味の通り、はっきりとした言葉を発しないラップスタイルであり、多くはメロディアスであったりする。このスタイルは、韻を大事にする従来の正統派ラップファンからは賛否両論であったりする。ジョーイ・バッドアスは、この「The Light」でマンブルラップの未来は無いと訴えているのだろう。

このマンブルラッパーについては、以前にもJコールが「1985」という曲で非難しているので、こちらもチェックしてみて欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2020年 Hip Hop, Hot New Single ,