*

ジェイZがアルバム”4:44″をリリース、遂に浮気も認めた!?

      2017/07/16

ラップ界のキングJay-Z(ジェイZ)が自身13作目となるニューアルバム『4:44』を本日6月30日にリリースした!!!これは前作『Magna Carta Holy Grail』から約4年ぶりとなる。

このアルバムリリースがされるに至っては、今月始めに謎の『4:44』という数字がニューヨークのストリート上や地下鉄、アメリカのオンライン上にて何の前触れも無しに出現し話題となり、ジェイZとビヨンセという夫婦によるジョイントアルバムになるのではないか?ジェイZの待望のニューアルバムではないか?などと噂されていたり、ビジュアルのみのプロジェクトでは?など様々な憶測がネット上で蔓延した。

その後、これがジェイZによるニューアルバムの告知だった事が判明し、同時に「Adnis.」という曲が30秒ほどの予告動画が公開された。ここでは、

Letter to my dad that I never wrote
Speeches I prepared that I never spoke
Words on the paper that I never read
Proses never penned they stayed in my head

俺が一度も書いた事がない父親に対しての手紙
俺が一度も口にしなかった事を準備している
俺が一度も読んだ事がない言葉
頭の中にあった一度も書かれていないプロセス

とラップしている。この曲名である「Adnis.」とはジェイZの父親の事である。父アドニスはジェイZが11歳の頃に彼の元から立ち去っており、その後二人が和解した直後に亡くなっている。ジェイZは父親について”残念な人間だったが、俺のスーパーヒーローだった”と伝えている。

10曲を収録したアルバムにはFrank Ocean(フランク・オーシャン)Damian Marley(ダミアン・マーリー)が参加している他に、彼の実の母親であるGloria Carter(グロリア・カーター)の名前もある。またベテランプロデューサーであるNo I.D.が全曲全面プロデュースしているようだ。

そして、アルバムタイトルと同名曲「4:44」では、なんと妻ビヨンセに向けた浮気の謝罪の手紙だという。リリックの中では“毎日、僕は君を失望させた。どうして僕は逃げ続けるのだろう。君がツアーに出ている時に、僕らは何時間も電話したね。君は僕より成熟していたけど、僕はまだそこまで達していなかったんだ。この事が子供たちに知られたら、恥と共に僕は死ぬしかない。ベッキー、僕を放っておいてくれ”とラップしている。この最後の”ベッキー”とは、あのビヨンセが昨年リリースしたヒット曲「Sorry」に出てくるジェイZの浮気相手とされる“素敵な髪をしたベッキー”の事だろう。ジェイZはこの曲に対して“これは朝4:44に目が覚めて書いた曲だ。この曲はパワフルな曲であり、俺が書いたリリックの中でも一番の完成度だと思っている”との事だ。

今回のリリース方法は予想通りジェイZがオーナーを務めるストリーミングサイト“Tidal(タイダル)”と、アメリカの携帯電話事業者の“Sprint(スプリント)”の使用ユーザー限定という配信方法だ。Tidalについては残念ながら日本では使用する事が出来ないので、アルバムを聴くには下記の視聴方法しか現在は出来ないようだ。我々は今後CDの発売を待つか、Apple MusicやSpotifiなどで配信される事を待つしかないのだろう。

追記:予定通り7月7日にApple Musicなどでストリーミング配信された他、アマゾンやタワーレコードなどでもCDの販売が開始された。更にはCDには3曲のボーナストラックも収録されている。

Tracklist
1. Kill Jay Z
2. The Story of O.J.
3. Smile feat. Gloria Carter
4. Caught Their Eyes feat. Frank Ocean
5. 4:44
6. Family Feud
7. Bam feat. Damian Marley
8. Moonlight
9. Marcy Me
10. Legacy”

 - 2017年 Hip Hop , , , ,