*

J. Cole(Jコール)が最新アルバム『4 Your Eyez Only』のリリース前にドキュメンタリー映像を公開

      2016/12/05

j-cole-eyez

2014年にリリースしたサードアルバム『2014 Forest Hills Drive』が大ヒットを記録し、グラミー賞にもノミネートしたノースカロライナ出身のラッパーJ.Cole(J・コール)が、約40分近くにも及ぶドキュメンタリー映像『Eyez』を公開した!!!

このドキュメンタリーは、J・コールが先日サプライズで告知した2016年12月9日にリリースする4作目となる最新アルバム『4 Your Eyez Only』を前にプロモーションの一貫として公開したようだ。映像にはスタジオでの制作シーンや彼が今回のアルバムのリリースに至った経緯などを説明しているシーンを収録。彼の言葉には、”アーティストとして十分なレベルまで得た今、今後リリースする作品は今までのヒットした自身の曲を超える事ができるのか?またはヒットせずに落ちていくのか?それは誰もわからないが、俺は作品をリリースし続けていくしかない”と説明している。また、Jコールは、”俺は他のラッパーの様にソーシャルメディアの力に頼った行動はしない、良い作品はそれに頼らなくても評価してくれるはずだから”と伝えている。

映像には最新アルバムに収録されるであろう新曲「Everybody Dies」と「False Prophets」のミュージックビデオも披露している。その内の「Everybody Dies」は、Kenny Dope(ケニー・ドープ)の永遠のフロア・アンセム「Get On Down」と同ネタのMinnie Riperton(ミニー・リパートン)の「Inside My Love」をサンプリングに使用し、リリックの中には Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)とLil Yachty(リル・ヨッティ)らをディスしているようだ。更には、もう一方の「False Prophets」についてはDrake(ドレイク)やKanye West(カニエ・ウェスト)らをディスしているようである。

前作「2014 Forest Hills Drive」は、客演などを招かなくてもビルボード200にて1位を獲得し、ダブルプラチナまで売り上げたアルバムであった。このドキュメンタリー映像を見る限りでは期待できそうな予感だが。。とにかく最新アルバム『4 Your Eyez Only』のリリースはもうすぐだ!要チェック!!!

ちなみに、このドキュメンタリー映像『Eyez』は、Jay-Z(ジェイZ)がオーナーであるストリーミングサイトTidal限定配信となっているが、契約をしなくても誰でも視聴する事ができる。

j-cole-4-your-eyez-only

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - News