*

ラッパーFutureの”Shotgun”は元カノCiaraの曲をサンプリング?

   

前回も記事にしたラッパーFuture(フューチャー)がリリースしたEP『SAVE ME』について、今回も触れてみたいと思う。アメリカのリリックサイト”Genius”では、このEPに収録されている「Shotgun」が、フューチャーの元カノであるCiara(シアラ)の曲をサンプリングしているのではないか?と疑問を投げかけている。

なぜなら、この「Shotgun」のビートが、シアラの代表曲「Promise」のビートとあまりにもそっくりだからである。この「Promise」は、シアラが2006年にリリースしたアルバム『The Evolution』に収録されたものであり、当時の全米シングルチャートで最高7位を獲得した大ヒット曲だ。この2曲をそれぞれを聴き比べると、非常に似ているのがわかる。しかし、フューチャーはこの曲をサンプリングしたというクレジットはしていない。

シアラの「Promise」は、Kraftwerk(クラフトワーク)が1983年にリリースした名曲「Tour de France」をサンプリングしたものだ。サンプリングソースにはクラフトワークのバックボーカルもそのまま使用されているが、フューチャーの曲ではそれはないようである。もしかすると、ビートをあらたに打ち込み直したということも考えられる。

真相は謎のままだが、ここまでそっくりだと疑ってしまうのは当然だ。フューチャーは、2017年に大ヒットさせた「Mask Off」をサンプリング許可を取らずにリリースしたという過去もあるので、今回の件についてもますます怪しくなってくる。

余談だが、フューチャーのタイトル名「Shotgun」の意味は、車の助手席のことである。由来は1880年のアメリカで、乗車中に泥棒などを撃退させる為に、助手席に座る人にショットガンを持たせてたという光景からだと言われている。この曲では自分の助手席に座る人は、それだけ親密な関係だということを表現している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2019年 Hip Hop, Hot New Single ,