*

ラッパーのFuture(フューチャー)が5作目となるニューアルバム『Future』を緊急リリース!

      2017/05/07

数多くの人気ラッパーを生み出す町“アトランタ”を代表するラッパーFuture(フューチャー)が、自身5作目となるニューアルバム『Future』を緊急リリースした!

フューチャーと言えば、ヴォーカルエフェクト「オートチューン」を使用した特徴あるヴォイスでラップし、2012年にT.I.とコラボした「Magic」がヒットした事を期に多くのアーティストの楽曲に参加し、その名を広める事となったアーティストである。2015年にはDrake(ドレイク)との共同作品となるミックステープ『What a Time to be Alive』やサード・アルバム『DS2』、昨年リリースしたミックステープ『Purple Reign』や4枚目となるアルバム『EVOL』などが彼の代表作となる。

今作はいつも通りしっかりとした告知は無く、約一週間前に何かが起こる事を告知したのみであった為に、驚いたファンも多いだろう。17曲を収録した今作には客演は無く、フューチャー自身のみとなる。彼曰く“この作品は今の俺をそのまま表現した内容だ。俺が今どんな生活をしているのか、俺の今のポジションがどこなのか?そしてこれからどこへ向かうのか?をラップした”との事。

昨年はドレイクとの”SummerSixteenTour”が大成功を収めたフューチャーが、今年はMigos(ミーゴズ)、Tory Lanez(トーリー・レインズ)、Kodak Black(コダック・ブラック)らと共に“Nobody Safe Tour”を3月から6月にかけて全米ツアーを行うらしい。また場所によっては、Young Thug(ヤング・サグ)とA$AP Ferg(エイサップ・ファーグ)も参加するようだ。

余談だが、フューチャーはこのアルバムとは別に“Grammys”という曲を公開。実はこの曲、ドレイクが昨年リリースしたアルバム『Views』に収録されている二人のコラボ曲なのだが、今回はフューチャーのみのソロ作であり、リリックが新たなヴァージョンとなっている。

フューチャーってこれだけ大ヒット作をリリースしても、グラミー賞にはいまだ受賞していない。。。リリース量では他よりも圧倒的に多いが、ドレイクと比べると何か少し物足りなさを感じてしまう。今作、又は今後リリースする曲で来年のグラミーを狙って欲しいものだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2017年 Hip Hop