*

ビヨンセ、ジェイZ夫妻がサプライズでジョイントアルバム”Everything Is Love”をリリース

      2018/06/24

サプライズ!!!!
予てから噂されていたBeyoncé(ビヨンセ)Jay-Z(ジェイZ)夫妻によるジョイント・アルバム『Everything Is Love』が何の告知も無く突然リリースされた!

9曲を収録したこのアルバムは、ジェイZが2015年に買収した音楽ストリーミングサービス“TIDAL(タイダル)”のみで聴くことができる。つまりTIDALと契約しないと現在のところは聴くことができない。

しかし、「APESHIT」のみだけはYoutube上で公開されているので、こちらは誰でも聴くことが可能。ルーブル美術館で撮影されたこのMVは二人の偉大さを感じることができる。もちろん、こんなことは誰も出来ないことだろう。

この曲のジェイZのリリックには、アメリカのNFL決勝戦のハーフタイムショーについてディスしたラインがある。

“俺はスーパーボウルを断ったんだ
お前には俺が必要かもしれないが、俺には無用だ”

今年の2月に開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーではジャスティン・ティンバーレイクがステージングを披露したのだが、実はジェイZがオファーを断ったのではないか?と噂されていた。これについては今までコメントを控えていたが、ここで初めて触れた形となる。

他にも、グラミー賞についてもディスしている。ジェイZは今年のグラミーで8部門にノミネートするも無冠で終わる結果となってしまったからだろう。

ビヨンセは2016年にアルバム『LEMONADE』、ジェイZは昨年にアルバム『4:44』をリリースしている。これらはCDでのフィジカル・リリースもされている。

今回のアルバムがTIDALのみでの配信となってしまうと、日本で気軽に楽しむには厳しいだろう。CDの発売を期待するしかない。

※追記:6月18日からアップルミュージックとスポティファイでもストリーミングが開始された。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2018年 Hip Hop ,