*

エミネムとケラーニの”Nowhere Fast”にロングバージョンが登場、全米ライフル協会を批判

   

昨年に完全復活を遂げたラッパーEminem(エミネム)が、Kehlani(ケラーニ)とのコラボ曲「Nowhere Fast」のロング・バージョンを発表した!!!

エミネムが4年ぶり9作目となるニューアルバム”Revival”をリリース

このオリジナル曲は、エミネムが昨年末にリリースし、全米アルバムチャートにて見事1位を獲得したアルバム『Revival』に収録されていたもの。また、つい先日には”iHeartRadio Music Awards”にてこの曲のステージングを披露していた。

アルバム・バージョンではテロや戦争などについてラップしていたものであったが、今回のロング・バージョンではアメリカの銃乱射問題についてエミネムが問題提起してる。曲の冒頭部分から2012年にコネチカット州のサンディフック小学校で26名が犠牲となった事件、そして今年2月に起きた17人が犠牲となったフロリダのストーマン・ダグラス高校で起こった銃乱射事件について触れており、エミネムはこの責任は全米ライフル協会にあると批判、またそれについて政府が行動しない理由は“やつらは子供達よりも銃を愛しているんだ”と伝えている。

そして悲しいことに、この記事を作成中に新たな事件が発生した模様。アメリカのメリーランド州の高校で現地時間3月20日に男子生徒が発砲、クラスメート2人が負傷したようだ。犯人は警官と銃撃戦の末、死亡したとのこと。

この銃問題については、アメリカ政府が何かかしらの行動をしない限りは無くなることはないのではないだろうか。

そして正に、この曲のタイトル”Nowhere Fast”は”何も変わらない停滞した意味”である。ケラーニが歌うフックは以下の通り

《フック: ケラーニ》
Ashes blowin’ in the air
Our world’s on fire, but we don’t care, yeah
Wasted youth, always on the road
Never lookin’ back and we’re never gettin’ old
‘Cause the skies are black
But our heart’s made of gold
Fuck doin’ what you’re told
We’re goin’ nowhere fast
灰が舞う
私達の世界は燃えている、でもどうでもいいの
無駄に過ごした若い頃、いつも放浪している
後ろは振り向かない、年はとらないから
空は真っ黒
でも私達は優しい心を持っている
言うとおりに行動してるだけ
ただ足踏みしてるだけなの

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2017年 Hip Hop, 2018年 Hip Hop, Hot New Single ,