*

プシャ・Tがドレイクをディス、ドレイクもアンサーソング”Duppy Freestyle”を公開

      2018/05/28

G.O.O.D. Musicの社長としても知られるラッパーPusha T(プシャ・T)が先日リリースしたサードアルバム『Daytona』は早くも各方面から称賛され、巷ではこのアルバムのことで持ちきりだ。

そして特に話題になっている曲がアルバムの最後を飾る「Infrared」だ。

プシャ・Tのサードアルバム”Daytona”のアートワークはホイットニーのあの写真!?

3分にも満たないこの曲ではあのDrake(ドレイク)をディスしているのではないか?と言われている。

曲の始まりはJay-Z(ジェイZ)が2006年にリリースした「The Prelude」のラインを拝借している。

The game’s fucked up
Niggas beats is banging
Nigga ya hooks did it
Ya lyrics didn’t

その後、

The lyric pennin’ equal the Trumps winnin’
The bigger question is how the Russians did it
It was written like Nas but it came from Quentin

トランプの勝利はロシアの力があったから
それは”Nas(ナズ)の『It was written』みたいに既に書かれていたものだった
そして、それはQuentin Miller(クエンティン・ミラー)から来たもの

このラインは、以前から噂されているドレイクのゴーストライター疑惑についてだ。

ドレイクのこの疑惑は約3年前にさかのぼる。当時Meek Mill(ミーク・ミル)とドレイクがコラボした「R.I.C.O.」について、ミーク・ミルが”この曲はドレイクが書いたものじゃない”と暴露したことが発端となる。また、ドレイクのヒット曲「10 Bands」についてもアトランタのラッパーであるクエンティン・ミラーが書いたものだと言われており、ファンクマスター・フレックスがHot 97にて両曲のクエンティン・ミラーがラップしたヴァージョンを公開していた。

そして、最後にプシャTは下記の通りラップしている。

The only rapper sold more dope than me was Eazy-E
How could you ever right these wrongs
When you don’t even write your songs?
But let us all play along
We all know what niggas for real been waitin’ on
Push

俺よりさらに売り上げた唯一のラッパーはイージーEだ
この間違いが正せるのか?
自分の曲すら書かないくせに
でもいいさ
みんなどうなるかわかっているからな

N.W.A.のメンバーであるイージーEは自分ではリリックを書かなかったと言われており、当時はアイス・キューブが書いていたとされている。

そして、なんとこの曲が発表されてから数時間後にはドレイク自身がアンサーソング「Duppy Freestyle」を公開した!

このDuppy(ダッピー)とはジャマイカのパトワ語でゴーストライターのことを意味する。アンサーソングでは

もし、お前が俺を非難するのならば
お前のビートを作ってくれるダチ(カニエ)についてはどう思う?

とラップ。これはカニエ・ウェストにもゴーストライターが存在すると言われているから。

俺はアルバム制作中なんだ、その気にさせないでくれ
お前は自身のレーベルでもトップ5にもなれやしない
お前が俺に食らわせるなら、俺もチャレンジしなくちゃいけない

お前はナイキとメルセデスが欲しくてコカインを売っていたのかもしれない
でも、お前は80年代の麻薬王エスコバールに使われていただけなのさ

俺はクエンティン・ミラーの人生を変えたんだ
あいつはクローガー(アメリカの大手スーパーマーケット)で働いていたんだ

※実際に勤めていたのはクローガーではなくパブリックスだったらしい

そして最後に

カニエに伝えてくれ、お前に請求書を送ってやったよと
だって、今回のおかげでアルバムはさらに2万枚は売れるだろうからな

You’re welcome. 🦉

champagnepapiさん(@champagnepapi)がシェアした投稿 –

そして、ドレイクのインスタには請求書が公開されている。

その内訳は

“promotional assistance and career reviving”
プロモーションの援助とキャリア復活

請求金額10万ドル(約1,090万円)

ドレイクの反撃もなかなか良いのではないでしょうか。

今後もこの二人には注目したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2018年 Hip Hop, Hot New Single ,