*

遂に和解か!?ドレイクとミーク・ミルが同じステージに立った

   

Drake(ドレイク)Meek Mill(ミーク・ミル)が険悪な仲になってから約3年が経った今、ようやくこのビーフに終焉を迎えそうだ。9月8日にボストンで行われたドレイクとミーゴズのツアーのステージにサプライズで現れたのはなんとミーク・ミルだった。彼のヒット曲「Dreams and Nightmares」を披露し、ステージ横ではドレイクが盛り上げた。

そして、ステージ終了後にミーク・ミルは“この機会を作ってくれたドレイクに感謝を”と。

続けてドレイクは“ここまではとても長かった、今この瞬間はとても重要なんだ、彼はマジで俺にとってお気に入りのラッパー、俺のブラザーだった、マジでここで終わらせよう”と伝えた。

そして最後にドレイクは“俺らにはこの世界で平和が必要だ、この世界で愛がもっと必要だ。ミーク・ミル、俺のブラザーよ、今日から俺のニガーさ。だからみんなの前でこうしてステージに立てたんだ。お前がここにいることをとても光栄に思うよ”とミーク・ミルを讃えた。

これは完全に和解したと思って良さそうではないだろうか。

ちなみに、この二人のビーフのキッカケは2015年7月にミーク・ミルが“ドレイクは自分でリリックを書いていない”とツイートしたことから始まった。ゴーストライターが存在すると言われたドレイクはミークに対して2曲のアンサーソングを公開し反撃に。ミークもさらにアンサーソングを公開するというバトルにつながった。しかし長い間、泥沼化したこのビーフに転機が訪れる。昨年11月に刑務所で服役することとなったミークに対して、ドレイクは”Free Meek Mill”とツアー中のステージでシャウトしており、これがミークにも届いたようだ。少しづつ二人の緊張がほぐれ、今回の和解につながったのだろう。

「Amen」や「R.I.C.O.」などで共演していたこの二人、新たなコラボ曲が発表されることが噂されているので期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - News ,