*

デヴィッド・ゲッタとニッキー・ミナージュとの黄金タッグ再び!新曲「Light My Body Up」をリリース!

      2017/05/07

エレクトロ・ミュージック界のスーパースターDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)が、フィーメル・ラッパーNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)Lil Wayne(リル・ウェイン)とコラボした2017年最新曲「Light My Body Up」がリリースされた!

デヴィッド・ゲッタとニッキー・ミナージュの二人は以前にも「Where Them Girls At」や「Turn Me On」、「Hey Mama」といった大ヒット曲を生み出しており今回が4回目の再共演となる。またリル・ウェインとは「I Can Only Imagine」にて共演しているので今回が2回目となる。

ニッキー・ミナージュはラッパーのRemy Ma(レミー・マー)とのビーフも現在話題となっており、先日には「No Frauds」を含む3曲をサプライズで同時リリースしたばかりだ。そんな訳でここ最近のニッキーの曲には、レミー・マーをディスるリリックが必ず含まれており、今作でも曲の冒頭部分にて”Know she’ll never be queen, so now she got a vendetta. I ain’t talkin’ ‘bout David when I say I’ma Guetta=彼女は決して女王にはなれない、もう彼女にはうんざりよ。デヴィッドについて話してないわ、私が言ったのは「Guetta」よ”とラップしている。最後のGuettaとはGet Herの意味であり、ニッキーはレミー・マーが同性愛者である事を疑ったラップである。

ニッキーによるレミー・マーへの攻撃は冒頭部分のみであり、曲自体は”I’m gasoline, you’re fire. Oh, you’re burnin’ me down, burnin’ me down. Light my body up=私はガソリン、貴方は火。貴方が私を燃やしているのよ。そして私の体を明るくするのよ”と愛し合う二人が、その愛を確かめ合うかのように燃え上がるリリックの内容である。

デヴィッド・ゲッタの最新曲「Light My Body Up」は”Apple Music”や”Spotifi”にてストリーミング配信されている他、”Youtube”上にて公式リリック・ビデオが公開されている。要チェック!!!

 - 2017年 Hip Hop, Electro, Hot New Single , ,