*

Common(コモン)が自身11作目となる最新アルバム『Black America Again』をリリースした!

      2016/11/15

Black America Again

ラッパーだけではなく、映画俳優としても有名なシカゴ出身のアーティストCommon(コモン)が、約2年ぶりとなる待望のニューアルバム『Black America Again』をリリースした!

コモンと言えば、当サイトでも“ラッパーCommon(コモン)の必ず知っておきたい代表曲10選”で紹介している通り、ギャングスタ・ラップとは一線をおき、スマートで紳士的なラップを披露し、90年代から現在までシーンを牽引してきた最重要アーティストである。時には他のラッパーとビーフがあったり、実験的なサウンドもリリースするが、コモンの軸となる部分は“黒人としての権利”“黒人としてのプライド”“自由”“愛”“平和”といった50・60年代の公民権運動で活躍したキング牧師などの思想だろう。その想いはJohn Legend(ジョン・レジェンド)と組んだ映画『グローリー/明日への行進』(原題はSelma)のサントラ曲「Glory」という形で披露している。

そして、ここ最近問題となっている”白人警官による黒人男性を射殺する事件”について、今こそ立ち上がる時だといわんばかりにこのアルバム『Black America Again』を世に発表する事となった。

アルバム先行シングルカット曲として既にリリースされていたR&B / Soul界の大御所シンガーStevie Wonder(スティービー・ワンダー)とコラボしたアルバム同名曲「Black America Again」のミュージック・ビデオの冒頭部分では、ルイジアナ州バトンルージュで7月5日に起きた黒人男性アルトン・スターリングさんが白人の警官に射殺されたショッキングな映像から始まるが、この曲がアルバムの中でもコモンが一番表現したい曲であろう。

他にも元Floetry(フロエトリー)のMarsha Ambrosius(マーシャ・アンブロージアス)と、PJことParis Jones(パリス・ジョーンズ)という女性レコーディング・アーティストとコラボした「Lovestar」や、フィラデルフィア出身のネオ・ソウルの代表格Bilal(ビラル)がアルバム15曲中4曲も参加、更にはJohn Legend(ジョン・レジェンド)Syd(シド)BJ the Chicago Kid(BJザ・シカゴ・キッド)らもフューチャリングで参加、ドラマーのKarriem Riggins(カリーム・リギンス)やジャズ・ピアニストRobert Glasper(ロバート・グラスパー)も楽曲に携わっているようだ。

アルバムのリリースと同時に”Youtube”では、約21分ほどのショートフィルムも公開されているので必見!そしてコモンの作品の中でも1、2位を争うのではないかと思うほど最高傑作なアルバム『Black America Again』は必聴!!!

 - 2016年Hip Hop , , , , , , , , ,