*

クリスブラウンとナズ、亡きチンクスに影響された「Die Young」を発表

   

つい先日、近々リリースするニューアルバム『Heartbreak on a Full Moon』が40曲を収録したダブル・アルバムになる事を発表し、ファンを喜ばせたR&BシンガーChris Brown(クリス・ブラウン)が、クイーンズが生んだリリシストNas(ナズ)とコラボした「Die Young」をSoundCloud上にて発表した!!!

これは二人が、2015年5月17日に31歳という若さで凶弾に倒れたCoke Boyzに所属したラッパーChinx(チンクス)に影響された一曲。トラックはチンクスが死亡した後にリリースされた最初で最後のアルバム『Welcome To JFK』に収録されていた「Die Young」をそのまま使用、フックもオリジナルではMeet Sims(ミート・シムズ)が歌っていたが、今回はクリス・ブラウンが歌い上げている。

クリス・ブラウンはこの曲で、ここ最近に問題視されている“警察による射殺事件”などを取り上げている。更には“人を憎むべきではない、お互いが殺し合うのは辞めよう”と訴えている。最後に自身の“最愛の娘であるロイヤリティの為に俺は生きており、彼女には父親が必要だから俺はまだ死ぬ訳にはいかないんだ”と歌っている。一方のナズも警察の残忍なやり方を批判している。

チンクスが亡くなってから2年が経とうとしている今、このような事件が無くなるように訴える彼らのこの曲に、銃社会アメリカは耳を傾けるべきだろう。ちなみにこの曲はクリス・ブラウンのニューアルバムには収録されないとの事だ。

 - 2017年 R&B, Hot New Single , ,