*

Chaka Khan(チャカ・カーン) / Chaka

   

Chaka

1970年代から80年代にかけてR&Bシーンの女王として君臨し、あのAretha Franklin(アレサ・フランクリン)と並ぶ超大御所シンガーChaka Khan(チャカ・カーン)が、ファンクバンドRufus(ルーファス)在籍時代の1978年にソロ作としては初のアルバムリリースとなった『Chaka』。

このアルバムで一番有名なのは、誰もが一度は耳にした事がある故Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)がカバーした「I’m Every Woman」だろう。カバーした当時はホイットニー自身も映画『ボディーガード』が世界的にヒットしていた時代であり、ホイットニーの曲も最も注目されている事からここまで有名になったのだろうと思われる。

また、2曲目に収録されている「Love has Fallen On Me」は、途中のブレイク部分がCommon(コモン)の「Drivin’ Me Wild」でサンプリングネタとして使用されHip Hopシーンでも聴き慣れた曲である。

チャカの太くて包み込むような歌声と、バラードからアップテンポなファンクよりな曲など多様なスタイルで歌い上げる彼女は、現在のR&Bシーンを牽引するMary J Blige(メアリー・ジェイ・ブライジ)やMariah Carey(マライヤ・キャリー)など多くのアーティストに影響を与え続けている。

また、彼女の作品は他にもKanye West(カニエ・ウエスト)の「Through the Wire」でサンプリングされた「Through the Fire」や、R&Bクラシック「Ain’t Nobody」など、本アルバム以外でもクラシック作品は多いので、是非聴いて見て欲しい。

Tracklist
1. I’m Every Woman
2. Love has Fallen On Me
3. Roll Me Through The Rushes
4. Sleep On It
5. Life Is A Dance
6. We Got The Love
7. Some Love
8. A Woman In A Man’s World
9. The Message In The Middle Of The Bottom
10. I Was Made To Love Him

 - Soul/Funk/Jazz