*

カーディBの新曲”WAP”はミーガンジースタリオンとコラボ

   

現在のラップ界のトップシーンに君臨するフィーメル・ラッパーCardi B(カーディB)が、今年初となる新曲「WAP」を発表した!!!これは昨年のヒット曲「Press」以来のリリースとなり、彼女が近々リリースする予定のセカンドアルバムからのファーストシングルとなるようだ。

今回の新曲では、今年大ブレイクしているラッパーMegan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)とのコラボ曲となるので話題必死。ミーガン・ジー・スタリオンにとっては、今年大ヒットした「Savage Remix」であのビヨンセと共演しているので、立て続けにビッグなアーティストとコラボを果たしていることになる。

この曲のタイトル名「WAP」の意味とは“Wet Ass Pussy(濡れたア◯コ)”だ。この過激な曲のフックでは以下の通りラップしている。

Yeah, you fuckin’ with some wet-ass pussy
Bring a bucket and a mop for this wet-ass pussy
Give me everything you got for this wet-ass pussy
あんたは濡れたア◯コにファックしている
この濡れたア◯コの為にバケツとモップを持ってきて
この濡れたア◯コに全てを注いでちょうだい

また、イントロとアウトロで繰り返される”There’s some whores in this house=この家には売春婦達がいる”というフレーズは、1992年のハウスクラシックFrank Skiの「There’s Some Whores in This House」をサンプリングしたものだ。

さらには、このミュージックビデオには、カイリー・ジェンナーやロザリア、ノーマニ、ルービー・ローズらもカメオ出演しているので、こちらも注目して欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2020年 Hip Hop, Hot New Single ,