*

スリック・リックやメインソースなどがサンプリングした名曲「Nautilus」を収録したボブ・ジェイムスのアルバム『One』

   

はげ山の一夜+1

あのQuincy Jones(クインシー・ジョーンズ)に見出され、アメリカのジャズ・フュージョンを中心に映画音楽やクラシック作品まで幅広く手掛けるピアニストBob James(ボブ・ジェイムス)のソロ代表作とも言える1974年にリリースされたアルバム『One』

このアルバムはフュージョン界では誰もが知っているクラシック作品だが、現在のクラブシーンでもサンプリングネタとして様々なアーティスト達に使用されている事でも有名である。中でも「Nautilus」については、誰もが一度は聴いたことがあるほどの名曲であり、Hip HopシーンではSlick Rick(スリック・リック)の「Children’s Story」や、Ghostface Killah(ゴーストフェイス・キラー)の「Daytona 500」、Main Source(メイン・ソース)「Live at the Barbeque」など挙げたらキリがないほど使用されている。また、Marlena Shaw(マリーナ・ショウ)もカバーしているRoberta Flack(ロバータ・フラック)の名曲「Feel Like Makin’ Love」のカバー曲も素晴らしいの一言である。他にも、Group Home(グループ・ホーム)の「The Realness」でもサンプリングされている「Valley of the Shadows」なども収録。

Tracklist
1. Valley Of The Shadows
2. In The Garden
3. Soulero
4. Night On Bald Mountain
5. Feel Like Making Love
6. Nautilus
7. Solace

 - Soul/Funk/Jazz ,