*

ビルウィザースが残した名曲”Just the Two of Us”を聴こう

   

アメリカのソウルシンガーBill Withers(ビル・ウィザース)が2020年3月30日に心臓の合併症で81歳で亡くなった。70年〜80年代を中心に活躍した彼の代表曲と言えば、「Lovely Day」や「Lean on Me」などが一般的に有名であるが、「Just the Two of Us」をフェイバリットソングとして選ぶ人も多いのではないだろうか。

この「Just the Two of Us」は、ジャズ・フュージョン界のサックス奏者Grover Washington, Jr.(グローバー・ワシントン)が1980年にリリースしたアルバム『Winelight』に収録されていたものだ。全米シングルチャート最高2位を獲得、グラミー賞ではR&B部門を受賞するなど、多くの人に愛された曲である。ビル・ウィザースはこの曲でヴォーカルを担当しているので、現在では多くの人がビル・ウィザースの曲だと思っている人も多い。

またこの曲は、ヒップ・ホップやR&Bリスナーにも人気である。なぜなら、90年代を象徴するNYのハードコア・ラップグループSmif-N-Wessun(スミッフン・ウェッスン)の名曲「Wrekonize」や、90年代のベストR&Bソングと言われているAround the Way(アラウンド・ザ・ウェイ)の「Really Into You」などにサンプリングされているので、非常に馴染み深い曲なのである。他にも、エミネムやウィル・スミスらにも使われているので機会があればチェックしてみて欲しい。

当然ながら、ビル・ウィザースは他にも名曲を数多くリリースしているので、是非彫り下げてみて欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - Soul/Funk/Jazz ,