*

グラミー賞の司会を務めるアリシア・キーズの新曲”Underdog”はどんな曲?

   

いよいよ日本時間1月27日に第62回グラミー賞が開催される。司会を務めるのは、前回に引き続きグラミー賞15冠のR&BシンガーAlicia Keys(アリシア・キーズ)だ。前回のステージで見せたパフォーマンスは、彼女の実力を見せつけるものであり、あらためて世界に彼女の素晴らしさを伝えたことだろう。そして今年はどんなものになるのかが楽しみだ。

そんな彼女は、3月20日にニューアルバム『A.L.I.C.I.A.』のリリースを控えている。今回は、そのアルバムに収録予定の「Underdog」をご紹介したいと思う。この”Underdog”の意味とは、弱者、社会的地位の低い人といった勝つことが困難な人達のことだ。アリシアはこの曲で“アンダードッグでも夢を持ち続ければ、いつか叶うはず”というメッセージを伝えている。是非チェックしてみて欲しい。

[Verse 1]
She was walking in the street, looked up and noticed
He was nameless, he was homeless
She asked him his name and told him what hers was
He gave her a story ‘bout life
With a glint in his eye and a corner of a smile
One conversation, a simple moment
The things that change us if we notice
When we look up sometimes
彼女は街のストリートを歩いている
彼女は見上げて気づく
名もなきホームレスに
彼に名前を訪ねた
男は彼女に人生について
輝く目と笑顔で語ってくれた
一つの会話
ちょっとした瞬間
私達は何かを見つける事ができると
それだけで変わることができる

[Pre-Chorus]
They said I would never make it
But I was built to break the mold
The only dream that I’ve been chasing is my own
皆は私に出来るわけがないと言うけど
その型を壊すためにいる
私が追い求めてきたのは自分自身の夢なの

[Chorus]
So I sing a song for the hustlers trading at the bus stop
Single mothers waiting on a check to come
Young teachers, student doctors
Sons on the front line knowing they don’t get to run
This goes out to the underdog
Keep on keeping at what you love
You’ll find that someday soon enough
You will rise up, rise up, yeah
私は歌うわ
バス停で違法にお金を稼ぐ人達の為に
給料を待つシングルマザーの為に
若い先生や医学生の為に
逃げる事が出来ない前線で戦う者達の為に
これは弱者の為よ
愛し続けなさい
いつかすぐに見つける事が出来るはず
上に昇ることができるから

[Verse 2]
She’s riding in a taxi back to the kitchen
Talking to the driver ‘bout his wife and his children
On the run from a country where they put you in prison
For being a woman and speaking your mind
She looked in his eyes in the mirror and he smiled
One conversation, a single moment
The things that change us if we notice
When we look up sometimes
女は自宅に帰る為にタクシーに乗っている
運転手は自分の妻や子供について話す
そして女性が自分の考えを伝えるだけで
刑務所に入れられてしまう国から逃げてきたことを
女は彼の笑顔をミラー越しにみる
一つの会話
ちょっとした瞬間
私達は何かを見つけた時に
それだけで変わることができる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 2020年 R&B, Hot New Single