*

アル・グリーンの代表作!ソウルの完成形アルバム『Let’s Stay Together』

   

Let's Stay Together (Dig)

ソウル・ゴスペルシーンの大御所Al Green(アル・グリーン)が1972年にリリースした4枚目のアルバム『Let’s Stay Together』

アルバムタイトルと同名であるシングル曲「Let’s Stay Together」は当時ビルボード100にて1位を獲得、ソウルチャートでは9週連続1位を獲得するほど大ヒットし一気にスターとなる。しかし、1974年にその時付き合っていた彼女との喧嘩の最中に熱湯をかけられ重度の火傷を負ってしまう事となる。その事件の後、彼女は自殺をしてしまい、心を痛めたアル・グリーンは牧師になる事を決意。その後ゴスペルシンガーとして活躍する事となる。

アルバム全体的にもソウルとしては完成系の名盤。特にシングル曲「Let’s Stay Together」はIsaac Lee Hayes(アイザック・ヘイズ)Roberta Flack(ロバータ・フラック)などにもカバーされ、また最近ではオバマ大統領がスピーチにこの曲の数節を使用した事が話題になった程の名曲中の名曲ですね。

Tracklist
1. Let’s Stay Together
2. La-La for You
3. So You’re Leaving
4. What Is This Feeling
5. Old Time Lovin’
6. I’ve Never Found a Girl
7. How Can You Mend a Broken Heart
8. Judy
9. It Ain’t No Fun to Me

 - Soul/Funk/Jazz